Tranquilitatis,Ma.

宿命の戦い①

鍼灸院を開院して1ヶ月近く立つが、覚悟していたとはいえ、経営はかなり厳しい。

しかしっ!開院するに当たっては、それ以前に起きる大問題を解決しなければならなかったのである!!。……ヤツとの戦いである。個人事業主ではなおさら避けられない、必要不可欠な運命の対決……。そう!、パソコンの設定だっっ!!。

私の頭の中では過去に起こったパソコンとの死闘の数々が走馬灯のように蘇った。コイツとの戦いは過去難度煮え湯を飲まされて来たか……。しかし、またこの困難な運命に立ち向かって行かなければならない。

今回はNTTのフレッツを付けた際にリモートサポートに1ヶ月だけ入会し、パソコンの回線の設定とメール設定は業者の方にやってもらったので、問題は無かった。パソコン自体のパスワード等の設定も、自宅のマックで回線の設定から全て自分でやっているのを考えれば容易かった。

しかし!問題はパソコンに同封されていたワードやエクセル、ウィルスソフト等のダウンロードだっ!。

自宅で所有しているのはMacなので、Windowsを個人的に所有し、使うのは初めてである。Macとは全く勝手が違う。前に勤めていた会社ではちょこっとは使っていたが、それは7であり、8なんて触った事も無い。
しかもエクセルやワード、ウイルスソフトなどは私は大抵店舗でディスクを購入して使っていたので、今回はWindows注文時にソフトも同時購入したが、それがどういう状態で我が家にやってくるのか判らなかった。(しかもパソコンは注文してから海を越えて中国からわざわざやってくるらしく、購入した時期は国慶節で中国人は皆遊びに出かけ、3週間もたっぷり待たされた。Macでは到底ありえない。ちなみに買ったのはDellのパソコンである。)それが蓋を開けてみたら、ソフトはシリアルNo.を書いたカードキーであった。

ええっ!?、どういう事コレ。タダでさえ超パソコンオンチの私に得体の知れないダウンロードを強いているってことかい?。
とりあえず、OfficeのホームページにこのシリアルNo.を打ち込むページがあるんだろうと察して探しに行った。ところがどれだけ探しても打ち込むページが見つからない。仕方なく問題解決のページに行ってみたりしたが、サッパリ問題なんぞ1つも解決されやしない。ええいっ!このOfficeの役立たずページめ!!。
しかし、神はそんな私に救いの手を差し伸べてくれたのだった。どういう偶然か判らないが、奇跡的にもシリアルNo.を打ち込むページにたどり着くことができたのだ!。おおっ、サンキューマイゴット!!。
いやぁ、助かったぞ、と、早速シリアルNo.を打ち込んでいった。ふーっ、やっとこの苦労からも解放される。シリアルNo.も打ち終わり、私は軽やかにリターンキーを押した次の瞬間にパソコンに映し出された文字。

『Officeの認証を済ませて下さい』

はァっ!?、認証??、なんじゃそりゃぁぁぁ!!!(松田優作風)。

仕方なくその認証の手続きとやらを始めた。ところがっ!、最後の変なグニャグニャ文字の打ち込みの打ち込みにたどり着いた時だ。この文字が、正しく打ちこんでいるハズなのに、どうしてもエラーになり、「代わりにコレ打ち込んでみれや」と、次々と違う文字が表示されていくのだ。ええっ!?、なんで??、絶対表示された通りに打ち込んでるってば!!。しかしパソコンは無情にも「おととい来やがれバ〜カ」と言って認証を断固拒否。……ああ、過去にも確かこんな事が。デ•ジャ•ヴュじゃっ!、デ•ジャ•ヴュっっ!!。

あ〜〜、ダメだ。もう後は明日にしよう。と、気付けばもう夕方で、すっかり戦意喪失した私は問題を明日に先送りし、考えるのを停止した。

ちなみにこんな戦いがあと3日間続くのである。







[PR]



# by sebonem | 2014-11-27 11:41

いやぁ3年ぶりのゴールデンウィークは平和じゃ

国家試験も終わり、この3年間がウソのように毎日が平和だ。

何しろこの3年間は歩きながら経絡(ツボ)の暗唱して勉強、地下鉄でも勉強、市電の中でも勉強、昼休みは全て潰して勉強、仕事の合間に時間が空いたらコッソリ勉強、帰ったら晩飯を食べながら勉強、風呂でも勉強、もちろん土•日曜•祝日は朝から晩まで勉強というまるで舞台の上で泥団子を食う「ガラスの仮面」の北島マヤのような、超絶残酷物語の毎日を過ごしてきたのに今はどうだ!。朝はのんびりチャリンコで職場に向かい、職場の搬入口の屋根に勝手に家賃未払いで住み着いているハト夫婦&ベイビーに挨拶をし、のんびり仕事をして(もともとあまり忙しい仕事ではない。だからこそ専門学校に通いながらでも勤められたのだが)昼休みには必ず休め、時間が終われば真直ぐ家に帰れるという、夢のような毎日だ。
そういえばハト夫婦だが、これがナゾの夫婦である。普通ベイビーがいてしょっちゅうピイピイ鳴いていれば他のハトは近づけないと思うのだが、ある日ふと見ると夫婦の後ろにぼんやりと一羽のハト影(?)がっ!。う〜むこのハトは夫婦と一体どういう関係なのだろうか?。まさかヒナが一瞬にして巨大化したとは思えんし、やはりどちらかの愛ハト(??)だろうか。と、いう事はこのハト夫婦は超仮面夫婦という事になるのでは…。ただいま鋭意調査中。次回報告を待て!!。

ところで鍼灸のほうは、免許の関係で活動は6月からとなった。そして今私が考えているのは店舗を持ってからの計画である。
実は新規顧客獲得とリピーター獲得を兼ねて、『鍼灸付きイラスト教室』というのをやろうかと密かに考えている。イラスト教室の後、生徒さんにハリ灸をして疲れを癒すいうものだ。おおっ、我ながら超ざ〜んし〜ん!といっても盲滅法に言っている訳では無い。
実は専門学校に通っている時に経営学の授業があって、その先生というのは学校外から来ていて、色々企業や大学と組んで商品をプロディユースしたり有名人に知り合いが多かったりというタイプの人だった。その先生がよく「鍼灸カフェというのがあったら絶対受ける!」としつこく言っていたのを思い出したのだ。それなら『鍼灸付きイラスト教室』というのもあっても良いのではないだろうか。
まあ、パッとはしないが、商業としての仕事経験があるから私は一応プロだし、絵を描いてみたい若い女性は結構いると思われる。ひょっとしたら親戚のツテで部屋も超好立地な場所が何とかなるかもしれないのでそれも好都合だ。
私は美大をでている訳ではないし、デザインの専門学校は出ているが広告デザインなので、イラストの授業というのはほとんど数時間しかなく、イラストの関しては私の場合はほぼ独学である。だから超専門的な事を教えるというのは難しいが、自分なりの考えてたどり着いた要領の良い形の取り方や影の付け方。イラストに都合の良い省略形の描き方や画面構成の考え方というものがある。こちらの考えを押し付けるのではなく、そういったものを教えて生徒それぞれのイラストを発展させていく手助けになればと思っている。そのかわり鍼灸をちょっと宣伝させてもらって、気に入ってもらえたら、それはそれでありがたやという事である。
webで検索したら、以前一時期『詩メル』で活躍していた某ファンタジー画家が自宅アトリエでの一日教室を開催していて、初心者用に下絵を書いた紙なんかも全て提供して、4時間くらいやってたりするみたいだけど、この先生には申し訳ないがこれが一体何になるのか、私にはさっぱり不明だ。(カルチャーセンターでも教えていて、そっちではちゃんと教えているみたいだけど、じゃ、こっちは何なんだろう?)
[PR]



# by sebonem | 2014-05-05 15:41

合格しました!

今日国家試験の合格発表があり、見事合格しました!。おおおっ、サンキューゴッド!!。世の中に神様っているのね♡。

合格したので何の国家試験かバラすと、実は鍼灸師の国家試験だ。専門学校の夜間科に所属し、3年間仕事をしながらひたすら通った。それと同時に私は鍼灸師の先生が主催する勉強会に2年生の時から通っていた。卒業後あまり間をおかずに開業するためだ。学校に入学してすぐに市内中の鍼灸院に直接行って色々話を聞いて歩いた結果で至った結論である。とにかく、こういう事は先手必勝だという事を過去の経験から知っていたので。

鍼灸師の資格を取ったとしても、そう簡単に鍼灸師として仕事をしていける訳ではないのである。正直取った人の大半が無駄にしていて、この業界で仕事をしていないというのが実情である。なぜかというと、就職しても大抵鍼など打たせてもらえず、「手技療法」という名の怪しいマッサージ要員にされる。(なぜかというと、按摩マッサージは持続性はともかくすぐ効果があるので求められるが、正規の学校は非晴眼者を保護する為に学校を増やさない方針にあり、倍率が高く入りにくいのだ)それに開業したとしても、規制が緩和されたせいでそこらじゅうに同じ様な店がゴマンとあり、つぶれる確率がかなり高い。普通は純粋に鍼灸だけでやっている所は殆ど無く、柔道整復師の資格も持っているヤツが1つの売りとしてやっている場合が多い。こうした人たちは周辺の店との競争の為、他店には無いかなり高価な機械を色々入れて商売をしなければならないものだから設備投資もかなり掛かり、その結果として利益を上げる為に保険の不正請求がかなりの割合で横行しているというのは実は珍しくもない話である。
だから、正直この資格を安易に取る事は絶対にオススメしない。鍼灸師としてやって行きたいのならば、事前に入念なリサーチを重ね、自分のやりたい鍼と方向性をしっかり決める事だ。

鍼灸には実は2種類あり、直接筋肉に鍼を打ち込む西洋系(今は中医学の鍼灸もこれに含まれる)の鍼灸と、日本で独自に発達した伝統鍼灸がある。こちらは経絡という体の気の流れに基づいた治療である。一般的な西洋系と違い、伝統鍼灸は西洋系の20%程しか無く、私のやっているのはこの伝統鍼灸の方である。しかも伝統鍼灸は北海道ではかなり稀なのだ。
それに私のやっている鍼は私の師匠の先生しかやっていない鍼なので他との差別化ができる上、鍼と灸さえあればやっていけるので設備投資もあまり必要ない。それに皮膚に刺入しない鍼なので痛みも全く無い上やたら効く。
ど〜だ恐れ入ったかっ、イラストの営業で培ったリサーチ能力を見やがれ!。

という訳で、取りあえず今後の予定としては5月から今の仕事をしながら土日限定の訪問出張で鍼灸治療を始めようと思っている。そして出来る事なら10月ごろ店舗を持って開業しようと計画中である。

それから、今年からイラストの営業活動も同時に再開しようと思っている。ちなみに今、営業用のサンプルを製作中である。
[PR]



# by sebonem | 2014-03-27 22:01

年末年始ですが

世の中は年末年始で超浮かれまくりだろうが、こっちはそれどころじゃない!。国家試験まで2ヶ月切ったんだぞ!!。だから年末年始も、今日はさっきまで勉強していたし、正月休みも元旦以外はぜぇ〜〜〜〜んぶ勉強じゃあ!!!。おまけに学校の授業が1月いっぱいで終わりなので、学科の試験が全部立て込んでくるし、しかも国家試験の模試もある。うぉぉぉぉ、地獄じゃっ、この世の地獄じゃあああっ!。おお、ジーザス、へるぷみ〜〜!!!。

それでも、今年も年賀状代わりに毎年制作しているポストカードは、時間の無い中泣きながら描いたぞ!。ど〜だまいったか。今年はとにかく絶対にのんびり制作している暇など1分たりともないだろうからと、アイディアを出したのが5月、制作を始めたのが8月、そして仕上がったのがぎりぎり29日の約半年がかりの世紀の超大作!。その正体は……あ、…いや、単なるシロクマが年末年始のパーティーで浮かれてんじゃねぇよコイツって感じの絵でした。今回は人間を描くとどうしても時間が掛かるので、動物にしようと決めていて、まぁこれでカンベンしてくれという感じだ。
来年国家試験に合格できれば、またイラストの出版社への営業を再開できるんだがな。

とにかく試験に合格できるように祈っていてくれたまえ、全世界の諸君!!。
[PR]



# by sebonem | 2013-12-31 21:58

プレミアム

夏休み前の国家試験模試で大幅に成績を落としてしまった私は、この夏は休みもクソも無く、学校の夏休み明けに行われる模試めざしてモーレツに勉強しおり、死ぬんじゃないかと思っている。
せめて酷使している頭だけでも夏休みっぽいプレミアム感を味わってもらおうと、マオちゃん&タマサブローのCMでおなじみの「エアウィーヴ」の枕を札幌テレビ塔の2階展望室から飛び降りた気分で購入した。
すごいぞマオ&タマサブロー!。二人が宣伝しているだけあってさすがだっ。日本の物作りってすばらしい!!。がんばれ日本!!!。……おおお、自分も頑張れ。誰か応援してくれ。
[PR]



# by sebonem | 2013-08-18 10:49

お久しぶりです

北海道にも、ようやく春がやってきた。何しろ今年は雪が多くてとても寒い(ってウチの実家ほどではないが)。最近はようやくスズメも冬バージョン(つまり超パンパンに膨らんだ状態)からノーマルバージョンへと変貌を遂げている。しかし、北海道のスズメというのはこの極寒の気候に大変なトラウマを抱えているらしく、けっこう春先で暖かくなってきたにも関わらず、極寒気分なパンパンバージョンが止められない連中も多い。ちょっと泣けるゼ、北海道雀残酷物語。

私はというと、目出たく2年生の全教科の履修に成功しました。おめでとう!。パフパフ、ドンドンドンドン。本当に2年生はマジで死ぬんじゃないかと思った。学校に通っていて、これほど泣きそうになったのは、はっきり言って初めてである。

とうとう明日から新学期が始まる(まあ、明日はオリエンテーションと健康診断だが)。ああ、気楽な時間は何と儚くも過ぎてゆくのか。栄光の日々よアディオス!!。と叫び、「何でも無い様な事がぁぁぁ、幸せだったと思もおうぅぅ〜〜♬」と熱唱するのが、ここ3年の恒例行事となっている。

3年が始まったばかりと言っても、実は卒業試験まであと8ヶ月、国家試験まであと10ヶ月しかない。3年は土曜日も授業があり、毎週テストがあるらしい。ただ、少々も救いは、国家試験用に新たに覚える事が、もう2教科しかないという点だ。相当キツいだろうが、ハッキリ言ってこの苦しみは今年いっぱいで終わらせたい。もう一度繰り返すのはまっぴらご免なのである。そして来年は開業に向けて突き進むのだ!。
[PR]



# by sebonem | 2013-04-04 19:04

新年早々カンベンしてくれ

新年早々何だが、またなんか妙な事が起こった、というか判明した。

そもそも身の周りで妙な事が起こる事が多くなったきっかけというのが、以前住んでいたアパートでもの凄いラップ音がするようになり、それから間もなく引っ越したのだが、その引っ越し先でもしつこく付きまとわれて、北海道神宮でお祓いをうけてやっとおっぱらった。というのが始まりだ。それ以来手に腕輪型の数珠を巻くようになった
しばらくしてその数珠が寝ている間に切れてしまったらしい。ベットから起きようとしてフローリングの床にコロコロと転がる珠の音を聞いた。
『あーー、拾わなくちゃなぁ……。』
とベットの中で目閉じながら床に落ちた数を数えた。落とした珠は確実に全部で6つあった。
そのままにしとくのは不味かろうと思い、起き上がってさあ拾おうとしたのだが、どこをどうさがしても見当たらないのだ。部屋にインテリアとしてアンティークのタンスがあってその横に穴が開いていたので、その中にでも転がってしまったのだろうかと思ったが、全部が全部?というのも妙な話だが、とりあえずそう結論づけた。

しかし、近々両親と同居(引っ越し先というのは両親が所有していたマンションだったのだが)する事になったので、寝室を母の為に明け渡すために今日実家から来ていた両親がタンスを動かしたのだが、……無かったのだ数珠が一個も。

ほんっとだってば!。寝ぼけでも何でもなく、確実に6個おとしたんだって!!。掃除機かけたっていうからちょうど最近掃除機のパック(うちのはまだパック式)確認したけど数珠らしきものは入っていなかったし、掃除機かけた父もそんなもん吸い込まなかったって言っていた。
おお〜〜っこえぇぇ!!。

まあ、何人か知らんけど、確実にだれかいるみたいだしな。夏の深夜、虫が入ってこないように薄暗くしてテレビ見てたら誰かにいきなり消されたし。(リモコンのエラーかもしれんが、消え方がえらく唐突だったのよね)
見えないのがラッキ〜♬。でも頼むからあんまり変な事はしてくれるな。
[PR]



# by sebonem | 2013-01-08 22:39

涙の年末

先週でやっと2学期が終わり、ブログを更新できる状態となった。その数日前はほんっとに今度こそ死ぬんじゃないかと思い、「うおお……、ひょっとして死ぬんじゃないか?自分。いや、死ぬ。死にます。死ぬに違いない!」と毎日つぶやいていた。半端無いボリュームのテストがタイトな日程で8つも続いたのだ。(しかもその中の一つは国家試験の実力テストだ。)
で、やっと全テストが終了したのだが、3学期はかなりスケジュールが詰まっているので、多分冬休みが終了して2〜3週で今度は期末試験がはじまり、また実力テストも待っているという地獄の日程となっている。
にも関わらず!、私には余計な勉強が待っている。前回話した例の病理学だっ!!。
私の予想どおり、今回も訳の分かんない内容で終わった。今回は先輩のお固い医者が梅毒で死んで、あ〜びっくりしたという話と、応援に行った勤務先の病院で看護婦が自殺を図り、ゴム手袋が溶ける類いの消毒液をのんだが生き返った。女って強い。という話がメインだった。ちなみに、この授業を通して、私は病理学限定で神懸かり的にテストのヤマを当てるという才能を開花させた。
い……要らんぞ、そんな才能!。くそぉ、貴重な時間と金返せごぉらぁぁぁぁ〜〜!!。おかげで全部自分で勉強し直しじゃあっ!!!。今参考書を読んでいて、いかにこの先生が何にも教えてくれなかったかをと思い知って、夜な夜な枕を濡らして泣いているところだ。

そして心配の種がもう一つある。実技のテストが年明け早々あり、一年でテストを4回やってその総合点を4で割って合否を決めるのだが、前回準備段階でそろえる物を間違って落第点を取ってしまったのだ。(しかも追試が無いから、そのままの点数でいかないといけない。)幸いにもその前のテストでかなりの高得点を取っていたので、それが貯金となって何とか助かっているのだが、今回のテストでハッキリいって満点を取らないとかなりヤバい。落としたら来年昼間授業を取らなければならず、仕事を変えなければならなくなるかもしれない。(といっても、ひょっとしたら来年の多分この時期、今勤務している病院が新築されるので、その時契約が更新されなかったら仕事はどのみち変えなきゃならんかもしれんけどな。)おかげで正月が近いというのにストレス全開で、背中の筋肉はバリバリに固まって腕立て伏せが出来ない位だ。

でも今年もイラストは描いたぜ!。前回の反省を踏まえて、今回は早めに描き始めたのだ。いつから始めたって?。聞いて驚け、何と8月からだ!!。ど〜だ参ったか。
それでも休日に10分とか、その10分も取れない時があったので、先週の土曜日と、今日1日かけてやっと完成した。あとはパソコンに取り込んで、フォトショで色彩調整するだけだ。今年のは去年よりはさすがに少しはマシな出来だと思う。

今回は大幅にぐちって終わってしまったが、オイラは頑張る。どうか無事3年になれる様祈ってくれたまえ、諸君!!。
[PR]



# by sebonem | 2012-12-24 21:33

戦闘機

昨日夜9時半ごろ、霧雨の降る中私は帰宅を急いでいた。6月だってのに長袖シャツの上にユニクロのヒートテックのウェアを着込んでも寒いってのはどういうわけよ?、北海道だからってカンベンしやがれブツブツブツ。と、つぶやきながら寒いながらも決して若くない体で軽快に橋の上を自転車で疾走する自分って何かイカすぜっ。と悦に入っていると、いきなり眼鏡レンズの片目の内側に何か入り目の前が白くなった。「おわっ!?」と叫び、レロレロヨレヨレになりながらもようやく停止した。ふーっ、後続に自転車が走ってなくて良かった。と、慌てて眼鏡をはずすとそこには何と!…そう、ヤツがいたのだ。私がこの世で一番嫌いな例の戦闘機めいた、夏場大量発生し北海道じゃまだ早いだろう!という生き物が、…蛾だ!。
「う…おおおおおおおおおおっっっっっ!!!!!」
私が声にならない悲鳴を上げて必死で眼鏡を振り回すと、私の慌てぶりも意に介さずヤツはようやくのんびりパタパタと飛んでいった。くそうっ!置き土産に私のおニューの眼鏡に鱗粉までバッチリ残しおって、今に見ておれ!。
[PR]



# by sebonem | 2012-06-23 20:40

年賀状

とにかく、年末は掃除もやらねばならないし、解剖学の勉強もせねばならん!。と言う事で、年賀状にはあまり時間をかけられない。そこで、普通下書きが出来ている段階から始めても、最低3日掛かるところ、超マックスにスピード無理矢理上げてこの間の祝日の1日で完成させ、今朝印刷してみた。

ああ……、パッとしない。うう……、パッとしない。おお……、パッとしない。

そこんところはブランクとハンデを考慮して、冷めかけた湯たんぽのような生暖かい眼差しで眺めてやってくれ、送りつけられた諸君よ!。
[PR]



# by sebonem | 2011-12-29 08:31
information and diary
by sebonem
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧